« 曇りどころか焼け焦げそうな日 | トップページ | タティングレース&ビーズワーク / 『 1 ネックレス 』 完成 »

2009年6月30日 (火)

タティングレース&ビーズワークに挑戦

今日、藤戸先生の本「タティングレースの首飾り」を教科書にしてネックレスを作りはじめました。

Img_3817 たぶん最初の作品が初心者向けだろうと、「1 ネックレス」から作ることに。

絹穴糸にビーズを通していくだけで、約2時間。

4種類のビーズを間違えないように確認をしながら通したからですが、それでも時間かかりすぎですよね。

さて、タティングレースの編み方は先週練習をしていたはずなのに、またすっかり忘れていました。

こんなにきれいさっぱりと表目編み裏目編みを忘れるなんて、私の頭、どうしてしまったんでしょう?

いくら記憶力が悪くなっているにせよ、この忘れ方は異常。

これってアルツハイマー?って、心配になったくらいです。

何冊かのタティングレース本を見ながら、なんとか基本の編み方を思い出しました。

ところが、私の編み方、左手の指の使い方は、本とは違うのです。

本の写真通りに糸をかけてみたのですが、ピンとうまく糸を張ることが出来ません。

親指と人差し指でレースを持つのですが、これもうまく出来ません。

正しい持ち方で編めるように頑張ってみましたが、根性無しで挫折。

結局、自己流の持ち方、つまり親指と中指でレースを持ち、小指に糸をかけてテンションの調節をするやり方で編んでいきました。

夢中になって、ほぼ一日中取り組んでいたのですが、半分くらいしか出来ませんでした。

« 曇りどころか焼け焦げそうな日 | トップページ | タティングレース&ビーズワーク / 『 1 ネックレス 』 完成 »

タティングレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 曇りどころか焼け焦げそうな日 | トップページ | タティングレース&ビーズワーク / 『 1 ネックレス 』 完成 »