« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

底冷えのする小春日和は毛糸がいい

11月最後の日。

お天気は良く、編み物教室にはストーブが焚かれていたのだが・・・・寒かった。

シンシンと足下が冷える。

底冷え。

こんな時はマクラメ・レースなんてしたくない。

編み物教室の午後はマクラメ・レースをしていたが、寒くってそんな気になれなかった。

そうでなくても両手の薬指がガサガサ。

タコの出来かけじゃないかと言われた。

こんな変な所にタコなんて、マクラメのせいだろう。

マクラメでタコが出来るなんて思いもしなかった。

とにかく寒いお部屋の中で編んでいったのがこれ。

Img_4451                

後身頃の半分は編めたかな?

娘のベストにしてもいいかなと思っていたが、幅45センチもあった。

40センチで充分な娘にはブカブカだろう。

******************

昨日、紅茶染めしていたフェルトが乾いた。

薄い茶色。

フェルトがフワフワに縮んでいた。

これが何に変身するか・・・・それはまだ私の頭の中。

******************

娘の学級では、またインフルエンザが流行りだしたそうな。

欠席2人、早退2人。

こんな状態だから、クラス写真が延期になったとか。

明後日には研究授業があるそうだが、大丈夫かな?

2009年11月29日 (日)

草木染めに熱中

昨日、親子自然体験教室「草や木で布を染めてみよう!」に参加。

前々から草木染めに興味はあり、本も買っていた。

しかし、本を見ただけで、まったく初めてのことをする勇気がなかった。

楽しみにしていた草木染め。

最初は藍染めだった。

藍の匂いは独特。

そんな教室の中、輪ゴム・割り箸・ビー玉・ビニールパイプを使って布にしぼり模様をつける。

すでに用意してくれていた藍の染液に布をひたす。

2分後、布を染液から出して水洗い。

水で洗った布は腐ったような色が青色に発色。

また染液に。

これを3回繰り返した。

最後は縛っていた輪ゴムをはずす。

思うようなしぼり模様では出来なかったが、ちょっとした感動。

藍の染液さえちゃんと作ることが出来れば、藍染めってそんなに難しくない。

たぶん、藍の染液を作るのが大変なんだろうな。

後半はアカネとクチナシで草木染め。

アカネの染液はすでに作ってくれていたが、クチナシのは自分たちで作る。

普通の家庭用片手鍋に乾燥したクチナシの実が入っていて、それに水を入れてグラグラ煮る。

説明書には10分と書いていたけれど、15分は煮ていた。

熱い染液をザルでこし、染液だけに。

染液の中に布を入れてグラグラ10分ほど煮込む。

染液から取り出した布を媒染液に10分ほどつける。

水洗いした後、乾燥させて完成。

左上がクチナシ、右上がアカネ。下全部が藍染め。

Img_4450             

この体験教室で分かったことは、草木染めの基本的な方法だけでなく、道具は家庭にある鍋やザルで充分だということ。

この2時間半くらいの体験で、草木染めが身近な物になった。

私はこの体験教室がとても楽しかった。

でも娘はまぁまぁ・・・。

理由は、藍染めの染液が臭かったからだって。

******************

今日、スーパーで焼ミョウバンを見つけた。

これで媒染液が作れる。

パスタ用の鍋でフェルトを紅茶染め中。

昨日の方法と違い、しっかり染まるように本を参考にして染液→媒染液→染液に。

今、鍋に入っているフェルトは薄めの黄土色。

明日、どんな色に出来上がるか楽しみ。

2009年11月27日 (金)

刺しゅうにのめり込んでしまった

お習字の練習の前に少し刺しゅうをしようと思ったのが、間違いの基。

朝から夜までずっと刺しゅうばかりしてしまった。

参考にしたのは「A FILI CONTATI 2」P.62。

スリッパなので残念ながら穴あきデザインにはできない。

プントアンティーコと言うよりハーダンガーによくあるようなデザインにした。

だから、そんなに難しくないと最初は思った。

しかし、時間がかかっている。

理由は「布目が見えない」から。

この布は1センチ10目なので楽にステッチ出来るはずだった。

確かに白い裏は非情にカウントが取りやすい。

しかしプリントされた表は・・・・。

刺しゅう用の布じゃないというのも原因の一つ。

もう若くはないのだから、こんな黒い(実際は濃紺)布でステッチするのは敬遠しなきゃならないね。

Img_4447                           

******************

今日、娘用ベストの毛糸が入荷したとの連絡があった。

ロットを指定しての注文もすぐに対応してくれ、ありがたいことである。

刺しゅう糸も何年かたつと微妙に色が違うことがあるが、毛糸の場合はロット違いで予想以上に色合いが違ってくる。

今度からはロット番号を確かめ、予定より多めに買わなければならないと学習した。

2009年11月26日 (木)

バナナマフィンを作る

今日は小春日和。

お寺のお掃除にはうってつけの天候だったが、お習字の練習を優先。

この日曜日には、ある程度満足できる字を書いて提出したいから。

「龍光 濃墨液」を、初めてうまく扱えるようになった。

ほんの少し水で薄め、小学生の時から使っている墨で混ぜると、すごく良い感じに書くことが出来た。

おかげで書くことが楽しくなった。

まだまだ満足できる作品は書けないが、なんだか楽しみながら上手になれそうな気がしてきた。

******************

報恩講が近づき、ダンナは毎日のように門徒さん宅をまわっている。

お供え物をいただくのだが、とうとうバナナが9本に。

バナナダイエットするには嬉しいことだけれど、今はその気なし。

そんなに使わないけれど、バナナマフィンを作り、少しでもバナナを消費することに。

久しぶりに泡立て器でお菓子作りをしたら、腕が疲れた・・・・。

Img_4439

あまり甘すぎず、外はカリッ、中はフワッと我ながらうまく出来た。

おいしいと思えたのだが、食べた後、口の中がなんだがえぐくなってきた。

まるで青いバナナを食べた感じ。

このマフィンにはスポットが入った完熟のバナナを入れたんだけれど・・・・。

何がいけないんだろう。

今度は(またドッサリといただいてきている)リンゴとホットケーキミックスでお菓子作りをしてみよう。

*****************

ところで・・・・

娘用のベストのことだが、糸がなくなり注文中。

早く入荷連絡が来ないかと待っている。

待っている間に、私用のベストを編んでいる。

パピーのシェットランドという糸は、コシがあって、まるでパスタのよう。

昔ながらのしっかりとした毛糸。

だんだんとこの糸が好きになってきている。。

******************

刺しゅうの方は、スリッパにする布を決めた。

刺しゅう用の布ではないけれど、鎌倉スワニーさんで購入していた少し厚めの生地を使うことに。

デザインも半分決定。

明日からステッチしていくのが楽しみ。

2009年11月25日 (水)

私のベスト ノロノロ

今日は3週間ぶりの編み物クラブがありました。

そう言えば3週間前、体調を崩していたので、私にとっては5週間ぶりかな?

編み物クラブでは私のベストを編んでいます。

今日はどんどん編みすすめることができ、完全に編みたい・編めるモード。

編むのが下手でも楽しく編めればいいじゃないって思える昼下がりでした。

Img_4436

午後、帰宅して、ブログ村のランキングをはずしました。

前々からランキングを止めようと思っていたのです。

ランキングのバナーをクリックしてくれる人がいなくなれば、ランキングを外そうと思っていました。

ここ三日「0」となりましたので、心おきなく外すことが出来ました。

これで変な呪縛から解放されました。

でも、こんなつまらない私のブログにクリックしてくれていることに感謝はしてました。

感謝していたので、なかなかランキングを外せなかったのです。

ランキングに参加していると、どうしても点数が気になるものです。

ブログのアクセス数が減ってもいいのです。

私が私らしく、気楽にブログを楽しんでいきたいと思っています。

******************

夕方、2週間ぶりにお習字のお稽古に行きました。

ほとんど練習していないので、昨年より下手になった気がします。

手漉きの半紙、上等な墨を使っていますが、練習しないのでは上達するはずありませんよね。

******************

夜、娘をスイミングに連れて行き、待っている間にドリームへ。

DMCの段初め刺しゅう糸を14本も買ってしまいました。

この段初め糸でスリッパの刺しゅうをするつもりです。

プントアンティーコのようなデザインにしたいなぁ~。

スリッパですからドロンワークのような穴あきは出来ませんが、模様は参考に出来るでしょう。

******************

さて、1ヶ月後はクリスマス。

毎年クリスマスには我がお寺の報恩講。

そろそろお寺の大掃除を始めなければ・・・・。

しなければならない事が目白押しなので、気が重いです。

でも大変なことも楽しめる自分になれればと思っています。

2009年11月22日 (日)

娘のベストを編もう 五日目

夕べ10時には寝たら、今朝、気持ちよく何事にもやる気満々。

しかし今日のお天気のように、だんだん雨模様に。

やる気は失せてないけれど、なかなか編めない。

Img_4435 

それでも何とか前ヨーク完成。

自分なりに計算した編み方でばっちりだったと思う。

とにかく今朝は元気だったので、6キログラム近くのネコを抱いてスクワットをしてみた。

10年前、娘を抱いたままスクワットしていたなぁ~と思い出しながら。

しかし年をとると言うことは非情なもので、関節が・・・・・。

スクワットをしている時は何も異常を感じないのだが、後でスーパーで買い物をしていて痛み出した。

やる気があっても無理はすまい。

2009年11月21日 (土)

娘のベストを編もう 四日目

Img_4434

これ、何だか分からないだろうなぁ。

前ヨークの編みかけ。

時間はたっぷりあったはずなのに、なぜかうまく編み進められなかった。

たとえば、最初の2段を3度も編み直した。

編み方がゆるすぎたり、編み間違えたりしたため。

編みたい気持ちはいっぱいだけど、疲れた。

気持ちに体がついていかない。

2009年11月20日 (金)

娘のベストを編もう 三日目

疲れてきた。

けんびき、つまり疲れや肩こりにより扁桃腺がはれてきた。

今日の午後は刺しゅうのお稽古があったので、編み物にそれほど時間はかけられなかった。

しかし、夕食後がんばったので、なんとか後身頃が編み上がる。

Img_4431

後身頃に必要な毛糸は3玉と少々。

この糸は6玉用意していたが、足りなくなるかも。

これを編んでいてフッと思ったのだが、胸のあたりにリボンテープを入れてみたら可愛くなるんじゃないか。

でも、娘はそんなのは嫌だと言うだろうなぁ~。

ところで、このベスト、単純な編み方だけれど、飽きずに編めている。

肩はこるけれど、楽しい。

後何日で編み終えられるかも楽しみだ。

2009年11月19日 (木)

娘のベストを編もう 二日目

中細の毛糸を4/0のかぎ針で編んでいるが、ただいま3玉目。

残念ながら後身頃を全部編みきれなかった。

Img_4427

糸が細い分、編まなければならない目数が多くなるので時間がかかる。

また、細編みと長々編みばかりの単純な模様。

でもその分、きれいだと思う。

自分用にも欲しくなってきたくらい。

2009年11月18日 (水)

娘のベストを編もう 一日目

急に寒くなったので、娘のベストを編むことにした。

昨夜、夜なべをして手持ちの「シェットランド」で少し編んでみた。

しっかりとした毛糸だが、かぎ針で編むとゴワゴワ。

かぎ針3号くらいで編める糸が欲しい。

そう思い、今日の午前中、毛糸探しに手芸店へ。

明るい色の毛糸を買いたかったが、私が気に入った糸には思うような色がなかった。

娘の好みではないだろうと思いつつ、中細の青緑色毛糸を5玉購入。

1500円くらいでリーズナブル。

これなら失敗しても惜しげがない。

帰宅してすぐに、「心地よいウェアと小もの」という編み本を参考にしながら編んでいった。

編み模様は本と同じにして、娘のベスト(制服)の大きさに合わせてひたすら編んでいった。

帰宅してきた娘が、編んでいるのを見て少し嫌そうな顔をしたが、無視!!!

1玉強で後ヨークが編み上がった。

Img_4426

これから下半分は別の模様で編んでいくのだが、私が編みやすいように少し変えてみるつもり。

******************

昨日の朝、ネットで本を注文したら、翌日の今日の昼過ぎには届いた。

「みんなのまきもの」
「はじめてのドロンワーク」
「和風もめんのパッチワークバッグ70」

ドロンワーク本以外は、本屋さんでチェック済み。

ドロンワークの技術本はすでに何冊も持っているが、和書で出版されれば買っておきたくなる。

完全に私はコレクター。
                         
******************

昨夜12時過ぎまで編み物をしていたので、今日一日だるかった。

やっぱり私は夜なべが出来ない。

2009年11月17日 (火)

フワフワのマフラー完成

一昨日から編み始めた娘用のマフラー、頑張って夕方までに編み上げた。

可愛くポンポンとかフリンジをつけようかと思っていたが、
  娘が一言「そんなの、いらない」

かわいげのない
  いえ、シンプルなのが好きな我が娘。

ま、何もつけない方が作るのは楽でいい。

それで、二玉分、ガーター編みで全部編みきった。

ビローンと伸ばせば1メートル45センチ。

長いのを二つ折りにし、「わ」の所に端を入れるようにしてみた。

この熊さんより娘の首は細いので、ちょうど良いくらいになった。

Img_4422

夕方、娘がスイミングに行く時、さっそく使わせた。

今日は昨日より一段と寒く、1月くらいの寒さ?になっていたそうだが、帰宅してきた娘は「マフラーがあたたかかった」と言ってくれた。

嬉しい一言。

夜なべはしなくても昼寝をせずに頑張って編んだ甲斐があった。

それにしても、急にメチャクチャ寒くなり、娘の冬用の服がなくて慌てている。

私が勝手に買ってきた服は自分の好みに合わないと着てくれない。

背は少しずつ伸びてきているので、着られる服がどんどん無くなってきている。

とにかく、今すぐ、娘用のあたたかい服がいる。

緊急にベストを編んでやらねばなるまい。
   チュニックやセーターよりベストの方が早く出来るから
       今はとりあえずベスト

編み方が下手で、娘の好みのデザインでなくても、編んだ限りは無理矢理着させられるようなベストを編もう。

夜なべはしない母だが、頑張ろうと燃えている。

ちなみに、話題を戻し、今日編み上げたマフラーのデータ。

糸は「スキー 天使のファー COL.No2」2玉
棒針 8ミリ

2009年11月16日 (月)

2週間目のマクラメ まだまだ

今日は編み物教室。

マフラーの止め方の編み方を先輩方に教えてもらった。

ボタンホールみたいにする方法や、シュシュのようなリング・コサージュで止める方法、いろいろ言ってくれた。

そしてお隣の奥さんが先生から教えてもらっている方法。

理屈では分かるのだが、実際自分で編むには難しそう。

今編んでいる娘のマフラーにその方法を用いる勇気はない。

失敗しそう。

だから自分用のネックウォーマーで試してみよう。

ところで、昨日から編み始めた娘のマフラー、90センチになっているがまだ編み終えられていない。

画像がないと寂しいので、今日の午後にしていた制作途中のマクラメのバッグ。

Img_4416

デザインとしてのウッドビーズは全部入った。

後はひたすら七宝結びをしていくだけ。

あぁ、手が指が痛いよぉ~。

いつになったら出来上がるんだろう。

2009年11月15日 (日)

母さんは夜なべしてマフラーは編まない

急に冬になった。

嫌々ながらスイミングに通う娘に、マフラーを編んでやろうと思い立った。

手芸店で、いろんな毛糸をさわりまくって、「ふんわりやわらか 天使のふぁ~」を2玉と8ミリの棒針を買ってきた。

編み図なんか無い。

適当に22目作り目。

ただひたすらガーター編みをすれば、マフラーらしくなるだろう。

そして、たしかにどうにかなってきた。

Img_4408

しかし、このフワフワって編みにくい。

Img_4414

編み物教室で棒針に慣れた人が、こんなフワフワ糸を編んでいて、途中で一目落として編み直しになったと嘆いていたのが分かる。

今、1玉以上編めたが、何度、目を落としたかと冷や冷やしたことか。

頑張れば今夜中に予定の2玉全部編みきることも出来るが、怠け者の母さんは無理はしない。

娘がスイミングに行く火曜日の夕方までに出来ればいいと思っている。

2009年11月14日 (土)

何もしたくない気分の時は、毛糸を編もう

なんだかだるい。

風邪なんかではないけれど、うつうつ。

冬を感じさせる昼下がり、娘は外で庭掃除に励んでいたけれど、私はゴロゴロ。

いつまでもネコのように寝てばかりしてもおられないので、編み物を。

5段編む度にサイズを測るので少々手間はかかるけれど、編み方は簡単。

かったるい時、ボォーッとしながらでも編み進めることが出来る。

Img_4405

毛糸は3玉目に突入。

11玉で出来るチュニックだから、まだ1/5ほどしか編めていない。

1ヶ月でニットを一枚ずつ編みたいと思っているが、もう月の半分くらいになっているので完成できないかも。

夜なべをして編み編みすれば良いのかもしれないが、インフルエンザ対策として出来るだけ睡眠をとり抵抗力のある体にしておきたいと思っている。

2009年11月12日 (木)

カーディガンを縮める

先月編んでいたカーディガン。

私には大きすぎるので、洗って縮めることに。

エマールでやさしく手洗いしてみたら・・・
     かえってビローンと伸びたぁ~。

意を決して、洗濯機のドライ洗いにかけてみた・・・・。

脱水はバスタオルに包んでネットに入れて・・・・。

私なりに気をつけていたら、洗濯機が言うことを聞いてくれない。

洗濯物が片寄りすぎるためか、脱水してくれない。

腹が立って、カーディガンだけにして5分も脱水をかけてしまった。

・・・・・・。

みごとに縮んでいた。

私の小さな体にピッタリ。

Img_4385

そして、完全にフェルト化してしまっていた。

Img_4388

せっかくの編み目が・・・・(T_T)

しかし、こんな失敗をしながら人は成長していくんだ。
                          ひらきなおり

******************

新型インフルエンザで学級閉鎖3日目の娘。

学校に行けないのに、へきえき。

日中、真面目に勉強やお掃除をしているが、友達と遊べないのは辛いみたい。

私も疲れてきた。

2009年11月10日 (火)

マクラメのバッグ、3分の1くらい

Img_4383

先週の月曜日から始めたマクラメですが、ウッドビーズ模様の半分まできました。

予想以上に制作に時間がかかっています。

単純なデザインで機械的に結んでいくだけなのですが、同じ間隔にしていくのが意外と難しい。

慣れればどおってこと無いのでしょうが、指全部が痛くなっています。

******************

新型インフルエンザの為、娘の学級が今日から金曜日までの4日間、学級閉鎖となりました。

娘の通う学校では、先週から爆発的に新型インフルエンザが流行していたのです。

それでも娘のクラスの子ども達は元気でした。

この金曜日、娘から新型インフルエンザでお休みになった子が一人出たと聞いていたのですが、昨日の月曜、35名中6・7人ほどに増えてしまいました。

話には聞いていましたが、本当にすごい感染力です。

ところでうちの娘、今のところ元気です。

元気なうちの娘の今日の過ごし方ですが、娘なりに頑張ってました。

1時半まで学校と同じ時間帯で勉強したり遊んだり。

昼ご飯の後は、お掃除までしてくれました。

金曜日までこの調子で頑張ってくれればと思っています。

2009年11月 4日 (水)

ウッドビーズをマクラメに入れてみる

体調をくずしまして、午前中は寝てました。

午後、なんとか元気になってきたので、マクラメの続きを少し。

昨日買ってきていたウッドビーズを入れてみました。

4ミリの穴に2ミリの糸がどうにか4本入りました。

思っていたよりウッドビーズが大きくて、平結びの位置を広げなくては。

マクラメピンで結ぶ位置を決め、平結びしていったのですが、なんだか微妙に左右が違ってきてるみたい(^_^;)

Img_4339 

マクラメをしていて日本ではあまりマクラメが流行らない理由が分かったような気がします。

とにかく大変、きどい仕事です。

******************

娘がお布団の中で今日の「おしゃれ工房」白髪染めをみていました。

そんな娘にダンナは「髪、茶髪に染めるつもりか?」

娘はすぐに「もう、なっとる」

確かにそうだと夫婦して変に納得してしまいました。

だって、スイミングのため娘の髪は本当に茶髪に近いんです。

それこそ黒く染めてやりたいくらい。

週4日、嫌々通っているスイミングですが、今日、クラスが上がることになりまして、来月からは週5日となります。

更に娘の茶髪化は進みそうです。

2009年11月 3日 (火)

マクラメ・レースってけっこう肩が凝ります & ショックなこと

今朝、フッと「レースコース」本のマクラメ・レースの所を見て、あれっと思ったのです。

先生が教えてくれたやり方じゃない。

それで作りたい作品が載っている本をじっくりと見たのです。

やっぱり結び方が違う。

いったい私はどうしたらいいのでしょう?

悩みましたが、いろんな本を見て自分が出来そうなやり方、つまり芯糸を輪にして平結びしていくことにしました。

どうするのがベストな方法か分かりませんが、まぁこんなものかな?言う感じでピンを打ち、平結びをしていってます。

平結び・・・・だいぶん慣れてきましたが、いつもと異なる姿勢で作っているので肩が凝ってきました。

今は物珍しいので楽しい作業ですが、けっこう時間がかかるので完成させるのに苦しむかも。

Img_4336

******************

今日は空気が冷たいものの日差しはきつく、日中の車の中は暑かったのです。

夜になり、娘がチェロの練習をしようとしたところ、いつもの場所にチェロがない。

もしかしたら昨夜、チェロのレッスンから帰宅した時にチェロを車から降ろしてなかったかも。

あわてて車の後を開けると、ありました。

そして不安的中。

2~3センチ、チェロ本体にヒビ。

良いものでないとは言え高価な楽器ですから、親子して真っ青になりました。

昨夜、娘がチェロを出し忘れているのに私はなぜ気がつかなかったんだろう・・・。

娘も大事にしていたチェロをなぜ置き忘れたんだろう・・・。

午前中、娘にピアノの練習はさせたのに、なぜチェロも練習させなかったんだろう・・・と後悔ばかり。

長い時間かかって伸びた弦を調律し直し、なんとか「らしい音」は出ました。

しかし、今回出来たヒビが広がっていきそうで不安です。

修理に出したら、直るのかなぁ~。

直るにしても、ちょっとした不注意で大きな「ものいり」になることでしょう。

ショックです。(T_T)

2009年11月 2日 (月)

マクラメ・レースをほんの少しかじる & クロッシェレースのドイリーをチマチマ

今日、マクラメ・レース用のボードが届きました。

マクラメはまったく初めて。

「マクラメ」(日本ヴォーグ社)本を見ながら、基本的な結び方を一つ一つ練習していくつもりでした。

しかし、すぐに作品作りするように言われて、少々パニック。

えぇ~!!! 本当に私、分かんないよぉ~の状態。

それで先生は私が持っていた雄鶏社のきっかけ本から簡単そうな作品を選び、実際に少し編んでくれました。

平結びばかりなので、なんとかなりそうです。
    と言うか、なんとかしなくちゃ。

作り始めたばかりなので、まだお見せできるような状態ではありません。

******************

帰宅すると、レース編み検定の合格通知が来ていました。

3級ですからたいしたことはないのですが、ひとまず安心。

来年2級が合格できるよう頑張ろうって意欲が湧いてきました。

******************

今日、特にお見せできるような作品はないのですが、おまけとして待ち時間にチマチマ編んでいるクロッシェレースをご覧ください。

33段中17段まで来ました。

Img_4334

ほとんど長編みと鎖編みで単純。

短時間の暇つぶしに編むには気楽な編み図です。

2009年11月 1日 (日)

毛糸の編み物 ゲージがピッタリになり嬉しい

私がニットウェアーを編むのが苦手なのは、指定通りの大きさに編めないため。

横幅が合っても縦が短くなるのです。

縦が短ければ適当に段数を増やしていましたが、編み図によっては難しいのもあるのよね。

とは言え、今度も10×10センチのゲージは取らず、たった2段だけの模様編みをし、本と同じ横幅になったかぎ針を選びました。

すると本に載っていたのと同じ号数。

珍しいこともあるものだと、編み続けてみました。

少しでも縦長になるように編み、5段増える度に長さを測り編み具合をチェック。

その甲斐あって、小さなパーツですが、指定通りの大きさに編めました。

Img_4333_2 

次はこのパーツの下から別模様を編んでいきます。

別模様でも指定通りの大きさで編めますように。

ところで、この糸は「リッチモア バカラピュール <ファイン>」です。

肌触りは少々ガサガサ。

少しモヘヤが入っているのでいろんな物が引っかかりやすいです。

たとえば我が家ではネコ毛。

困ったもんです(笑)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »