« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月28日 (金)

『 ブラックワークのリネンバッグ 』完成 * 刺しゅう

刺し始めたのは1年前。

後もう少しで完成というのを、長い間ほったらかしにしていました。

今日、思い出したように一気に。

「戸塚刺しゅうオリジナル商品」の
 『ブラックワークのリネンバッグ』完成です。

Img_6006


ブラックワークのステッチ方法をきっちり守ったので、
 裏もバッチリ同じ模様が出ています。

  中袋付きの袋なので、お見せできないのが残念。

袋の裏面は、デザインを少しアレンジして手抜き。

Img_6007


A4サイズが入るバッグの大きさですから、使い勝手良さそう。

Img_6008

半製品の袋って、ステッチしにくいんですよ。

これも中袋の底が半分ほど開いていて、
 そこからステッチしていくのが大変でした。

あまりにも大変だったので、
 ミシンで縫合されていた袋の両脇をほどいてステッチ。

ステッチし終わった後、手縫いで仕立て直せました。

Img_6010

このキットを作ることでブラックワークに興味を持ち
 3冊、ブラックワークの本を買ってみました。

簡単なデザインのステッチなら私にも出来そうですが、
 糸の本数や模様によって立体的な濃淡を出すことは無理だと思い、
  ブラックワークに対する興味は失せてしまいました。

    あきらめ早い私です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

クリックしてくださり、ありがとうございます。

2011年10月27日 (木)

「サンプラーF」 完成 * ボビンレース

「はじめてのボビンレース」(飯野美智子著 雄鶏社)より
  「サンプラーF」を作りました。

Img_5990

ボビン10ペア(20本)
80番麻糸
2センチ幅を17センチの長さまで。

Img_5996

織り方はハーフ、リネン、ダブルの基本的なものだけ。

簡単なんですが、かえって美しく織り上げるのには難しい・・・。

ピンをはずしてみて、お気楽、雑に織ったようすがマザマザ。
                                                                 反省ぇ(^_^;)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

クリック、ありがとうございます。

2011年10月25日 (火)

黒檀のボビンを使ってみる

11月の作品展に向けてニット作品を作らなければならないのに、
 気分転換と称してボビンレースしてます。

Img_5978

気楽に出来るだろうと思えた「サンプラーF」に必要なボビンの数は
 先日、手に入った黒檀のボビンと同じ20本。

糸を巻く所が2カ所に分かれているボビンの糸の巻き方は、
 フランスの基礎本に写真付きで載っていたので早速挑戦。

しかし・・・・
 うまく糸を引き出すことが出来ません。

結局、今までどおりベルギー式のボビンと同じ糸の巻き方に。

このボビン、持つ所が平らになっているので
 クッサンの上を無意味にコロコロ転がりません。

今までのはコロコロ転がりすぎて邪魔になることもあったので
 この形は私には合っているかな。

さて、黒檀のボビンは良い音を立てて織れるとのことですが
 まだ私の腕が未熟なためか、それほど・・・・。

これってピアノと同じかも。

私は赤バイエル程度の腕なので重い音しか出ないのでしょう。

もっともっと腕を上げれば
 リズミカルに澄んだ音を響かせてくれるのではないかな?

カラカラ♪コロコロ♪と。

夢がふくらみます。

最後、付け足し
 今日、産直市に行くときれいな蘭が。
  2輪で250円で、バラの花束より安かったので買ってきて、
   写真、撮りまくり。

    刺しゅうのデザインに使えそう。
                  

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

クリック、ありがとうございます。

2011年10月23日 (日)

「 ' EEN FRISSE WIND ' IN STROPKANT 」完成 * ボビンレース 

ドイリーだと思っているのですが、
 ボビンレースの「 ' EEN FRISSE WIND ' IN STROPKANT 」が完成しました。

Img_5940

参考:KANT
糸:Fresia麻レース糸 50/2 白
サイズ:直径17センチ

ボビンレースの神様が降りてきていたのか
 先週の金曜日夜から織り初め、約1週間で織り上げることができました。

体はしんどいけれど、
 織り上がっていくのが楽しくて楽しくて・・・。

ボビンレースは裏を見ながら織っていくので、
 ピンを抜いて初めて表の様子が分かります。

うまく織れているか、
 特に最後のジョイント(接ぎ合わせ)が上手に出来ているかどうか不安でした。

今日、ピンを抜いてみてうまくいっていることがわかり
 とっても嬉しかった。

Img_5930

ぼけて分かりにくいのですが、
 ↑上の画像の右下部分のリーフステッチ、
  コツが分かり、うまく作れるようになりました。

これなら憧れのクリュニーレースも、うまく出来るかも。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

クリック、ありがとうございます。あまりランキングにこだわらないようにしようと思ってブログ村を再開しましたが、どなたかがクリックしてくださっていることが分かると嬉しなっています。

2011年10月22日 (土)

ボビンレースのドイリー 織り上がりました

ボビンレースのドイリー 織り上がりました

Img_5921      

分からないまま適当に最後のジョイント(はぎ合わせ)しました。

まだピンを打ったまま、裏側が見えている状態ですが、
 どこではぎ合わせたか分からないかも。

少しはジョイントの腕、上がった?

今日一日中、夢中になって織り続けました。

   あぁ、疲れたぁ~。

明日、ピン抜きをして完成です。

次、どのようなボビンレースを織るか迷ってます。 

   作りたいのがいっぱい!!!

でも11月13日には編み物クラブの作品展。

ニット作品、作っておかねば。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

どなたか分かりませんが、クリック、ありがとうございます。

りょうさんへ

コメントありがとうございます。とても嬉しかったです。

2011年10月21日 (金)

ドイツからボビンが無事到着

来ました、来ました。

待ちに待っていたボビンが。

一気にどどぉ~んと123本!!!

Img_5914

今まで地元の手芸屋さんでクロバーのボビンをチマチマ買っていたのですが、
 海外でネット注文した方が安く買えることに気づき
  思い切って注文していました。

ちなみにクロバーのボビンなら10本で3000円ほど(定価)。
                 
今回、私が100本まとめ買いした白木のボビンは、 一本0.67ユーロ。

1ユーロ108円で請求されていたので、
 一本がなんと約73円ということ。

憧れの黒檀のでも1.72ユーロ。

たまたま1割引のセール中だったので、約168円で買えました。

黒檀でも日本のより安価なんです。

送料などが33ユーロ(3564円)かかっていますが
 それでも国内で買うより安く買えたと思っています。

さて、
 ドイツの人はきっちりとしているはずなのに
  白木のボビン1本と茶色のボビン2本、余分に入っていました。

これって、おまけだと思っていいんですよね。

おまけなんて期待していなかったから、嬉しいわぁ。

おまけにつられて、来月は糸の注文しようかな?

   糸もとっても安いよぉ~(^^)/

とにかく、日本の手芸店では置いていない物もたくさんあるのが魅力です。

******************

制作中のボビンレース・ドイリー、
 約4分の3は超えました。

できれば明後日には織り上げたいと思っています。

Img_5916

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

どなたか分かりませんが、クリック、ありがとうございます。

2011年10月19日 (水)

ようやく半分、 ボビンレースのドイリー

作り出して6日目、

 ようやく半分。

  Img_5910

昨日、織り間違えていたことに気づきまして
 放っておいてそのまま織り進めようと思ったのですが、
  やっぱり変。

  そのくらい大きな間違いをしでかしてました。

その間違えを直すために、何時間もかかってしまったよぉ。

         (;´д`)トホホ…

半分過ぎて、約700本のピン、使い終わりました。

抜いても良いピンを引き抜いて織り続けていますが、
 もう一箱、欲しいなぁ。
          
太さ0.5ミリのピンなら、近くの手芸店にも置いてあるのですが、
 今使っているのは0.45ミリなので作品の途中でピンの太さを変えたくない。

0.45ミリのはネット注文すれば手に入るのですが、
 最近、無駄遣いが多くなっているので
  これも無駄遣いではないかと思い、
   注文するの迷っています。

無駄遣いをしないためには、
 この作品では手持ちのピンを使い回し、
  次の作品では、近くの手芸店でも手に入りやすい0.5のを使う
   ・・・・・・・・・・っていうのが、リーズナブルかも。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

もしよろしければクリックお願いします。

2011年10月16日 (日)

ボビンレースのドイリー?制作中

先日、思わず「KANT」のパターンをいただきました。

私のレベルより少し高度なトーションレース。

   とってもとっても嬉しかった。

図案に対して、
 どれくらいの太さの糸を使えばいいかも分かりませんでしたが、
  これでいいや!と手持ちの50/2麻糸で。

織り初めをどこにすればいいかも分かりませんでしたが、
 こんなもんかな?と始めました。

初めは手間取り、
 且つ、織り直せない間違いもしてますが、
  とにかく楽しい。

はまってます、ここ3日。

はまりすぎて、歯が浮きだしたよぉ。

Img_5901


                   

******************

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

もしよろしければクリックお願いします。

2011年10月12日 (水)

「サンプラーE」 完成 * ボビンレース

「はじめてのボビンレース」(飯野美智子著 雄鶏社)より
  「サンプラーE」を作りました。

Img_5897
                        
ボビン35ペア(70本)
エジプト綿80番 DMC50番レース糸
4.5センチ幅を17センチの長さまで。

Img_5894

このサンプラーには「フィレ織り(C-TーT)」が入っています。

穴糸としてDMCのレース糸50番を使いましたが、
 この作品には太すぎたようです。

画像の手前の部分が穴糸としての織りなんですが、
 せっかくの美しい糸の流れが団子状になってしまいました。

初めてエジプト綿80番を使ってみて、
 繊細な糸ながらしなやかで、麻糸より織りやすいと感じました。

トーションレースでもこのくらい織り方が複雑になると
 織りごたえ、見ごたえがあります。

Img_5900


ちなみに、今回のお花はランタナ七変化。

家の庭に咲き乱れていたのを使いました。

 

******************

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

もしよろしければクリックお願いします。

2011年10月11日 (火)

フランスからの本 & 「サンプラーE」織り上がり *ボビンレース

フランスのアマゾンから1冊だけ本が届きました。

先月20日に数冊注文したもので、その中からようやく1冊。

届いたのは『 Cluny de Brioude 』。
                                                            
51tswrhql1l__sl500_aa300__2

ボビンレース、かつ今私があこがれているクリュニーレースの本です。

色糸のボビンレースなんて興味なかったのですが、
 この本を見てその華麗さにお目々爛々。

これがボビンレースなんだろうか・・・と思った私。

こういうのも作ってみたいと思ったのですが、今の私には絶対無理。

しかし本自体には、
 ポイントとなる織り方はカラーで大きな図で説明されており
  フランス語が分からなくても一目瞭然。

    いつかはこんな作品も織れるよう、
     ボビンレースは続けていきたいと思います

******************

Img_5879

途中で止めようと思っていた
『 サンプラーE 』(「はじめてのボビンレース」より)、
 一応ひととおり織り終えました。

細い糸(80番綿糸)での細かい作業でしたが、
 私が織りたいと思っていた繊細なボビンレースとなりました。

明日、ピンをはずして完成です。

******************

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

もしよろしければクリックお願いします。

2011年10月 9日 (日)

「Perce-neige,bordure」* ボビンレース

憧れのクリュニーレースの練習作品です。

参考本「Modèles de dentelles au fusau : Cluny」の最初に載っている
 「Perce-neige,bordure」を織ってみました。

Img_5876      

織っている時は楽しくって夢中でしたが、
 ピンを抜いてみると、
  あまりにも悲惨な織りにショックを受けました。

トーションレースしか織ったことがない私が
 本だけを頼りに(独学で)クリュニーレースをやってみて
  基本的な織り方の間違い(勘違い)も分かってたんですが
   あまりにも出来映えがきたない!!!

泣けてきましたが、
 めげずにドンドン織っていこうと思っています。

下手でも楽しいのは、まさに『下手の横好き』。

下手なりにも好きで続けていれば、いつかはマシになると信じて。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

久しぶりのブログ村です。もしよろしければクリックお願いします。

2011年10月 6日 (木)

オフィスピンをボビンレース用に

少しずつ練習しているクリュニーレース。

今まで使っていたボビンレース用ピンは細く、ピコットを作っても存在感無し。

太めのピンでピコットを作ろうと、
 近くのDIY店でオフィスピンを購入してきました。

太さ0.73、長さ26ミリのピンで、
 お値段、約310本入りで148円というのがお安くって嬉しい。

ピコットもしっかりと作ることができ、
 当分の間、このピンを愛用することに。

Img_5867

うまくできないと悩んでいたリーフステッチ、
 少しずつですが、形が整えられるようになりました。

          まだ完ぺきな形には出来ませんけどね。

画像の左にある紙袋は四つ葉のクローバーの種。

手づくりタウンNEWSメンバーズカードと共に送られてきた物です。

最近、嫌なことばかりある私にとって
 「きっと見つかる、しあわせの四つ葉のクローバー」は嬉しい贈り物。

幸*不幸は自分の心の持ちよう。

嫌なことは忘れて、この連休に娘と一緒に庭に蒔こうと思います。             

2011年10月 5日 (水)

季節と体質の変わり目

前回のブログでグチグチ書いていましたが、
 結局、本当に風邪をひいてしまいました。

おまけに半年ぶりの月の使者。
 なければなくて寂しくて、
  あればあったでうっとうしい・・・もんですね。

昨日はうちのお寺の行事で、
 生まれつき悪い足がひどく痛み、
  最後にはまともに歩けなくなりました。

   行事中は、気力で歩き回ってましたけど
    夜は赤子のようにハイハイ状態。
     ここまで痛んだのは初めてです。

でも、今日はゆっくり過ごすことができ、
 元気になりつつあります。

お寺の行事前に一気にお掃除したり、
 普段から体を鍛えていないから
  今回のような辛い思いをしたのでしょう。

12月の行事は更に大変なので、
 明日からチマチマお掃除と筋トレ、頑張ります。

******************

憧れのクリュニーレース、日曜の夜から始めました。

参考本は「Modèles de dentelles au fusau : Cluny」

糸はlin 24/2 となっていたので、50/2 白の麻糸を使いました。

今までトーションレースしか織ったことがないので
 悩みながら始めたのですが・・・・

  リーフが想像以上に難しい!!!
    ボロボロ・・・・

     他の部分もボロボロ・・・・。

   上手に作るコツはあるのでしょうが、
    独学で織っている私は、自分で見つけていくしかない。

まともな作品を作るには、とにかく練習あるのみ。

Img_5862

まずは100個くらい作れば、
 まぁまぁのリーフできるようになるかなぁ?                  

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »