« 最初の曲がり角 * ボビンレース | トップページ | 「アラン模様の丸ヨークセーター」左袖まで * ニット »

2012年2月27日 (月)

ブティとフランダースレースの本ゲット & 糸のつなぎ方

フランスのアマゾンで4冊注文していたうちの2冊、今日届きました。

ブティの本(左)とフランダースレースの本(右)。

Img_6242

フランダースレースのは日本のアマゾンでも購入できるのですが、
 このブティの本が欲しかったので、ついでに。

ブティの本は評価5がついていたとおり、良いデザインが多く載せられていました。

絵本のように見ているだけでも楽しくなります。

フランダースレースの方も買って良かったと思える内容でした。

なんだか私にも今すぐフランダースレースが織れそうな気がするくらい(笑)。

ドイツ語と英語で説明されているのですが、
 語学が苦手な私でもなんとなくだいたいの意味がつかめます。

読みこなせなくても図と鮮明な写真で、織り方がよく分かります。

今年中には本の表紙にもなってる家に挑戦しようと思います。

******************

先週金曜、
 ボビンレースの糸のつなぎ方・結び目を作らない方法を会得しました。

今まで理解できなかった事が、フッと分かったのです。

なんでこんな簡単なことが分からなかったのかと思うような方法です。

それは、ちょっと手間ですが、けっこう単純な方法でした。

単純というのは、
 ただ古い糸と新しい糸を2本いっしょに織っていくということ。

これは編み物で糸を繋ぐ時に使う方法ですよね。

毛糸編みと違ってちょっと手間なのは
 新しい糸の先に輪を作りピンで適当な所に留めておき、
  短くなった古い糸は新しい糸とひきそろえてボビンに巻いておくこと。

こうして新旧2本でいくらか織っていき、
 もうすぽ抜けないかな?と思ったら
  古い糸をボビンからはずして新しい糸だけに。

この方法だと、結び目がないので織りやすいし
 途中で結び目がほどけて真っ青という悲劇も起こりません。

それになんと言っても、裏も美しい!!!

これを四つ組みのバーの途中でもしてみましたが、バッチリでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村「ハンドメイドブログ」へ

« 最初の曲がり角 * ボビンレース | トップページ | 「アラン模様の丸ヨークセーター」左袖まで * ニット »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 最初の曲がり角 * ボビンレース | トップページ | 「アラン模様の丸ヨークセーター」左袖まで * ニット »