« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月27日 (火)

ランチョンマット1枚目完成 * 刺しゅう

地差し刺しゅうのランチョンマット、1枚目が完成しました。

Img_6279

デザインは私の刺しゅうの先生オリジナル。
以前、このデザインのポーチを作り、今回はランチョンマットにしてみました。
布の周りは額縁仕立てにし、ヘムかがりを入れていたのですが、リボンを入れてみたら?という先生のアドバイス。
刺しゅうに合わせて6㎜幅のピンクリボンを入れてみました。
ええ、実は・・・・このような甘ったるいピンク系、私はちょっと・・・・
あまり好きじゃないと思いながらも、本当にランチョンマットとして使うにはもったいないような気がします。

Img_6282

これとまったく同じ刺しゅうしたのがもう一枚あります。
同じようにピンクのリボンを入れることに思案中。
別色のリボン、明日、買ってこようかな・・・。

2012年3月21日 (水)

刺し子の本を見ていて思ったこと

ここ数日、この↓本を絵本代わりに見ることが多くなってます。

「はじめての刺し子」(日本ヴォーグ社)です。

03501537_2

刺し子はダーニングステッチ(orランニングステッチ)だけなのですが、この単純なステッチから生み出される模様をおもしろく感じています。

そして、この本に紹介されている伝統的な文様を見ていると、ブラックワークと似ていることに気づきました。

ステッチの仕方は異なるものですが、デザイン的には同じじゃないかな?

そこでブラックワークに関する本を見てみました。

うん、うん (^^) やっぱり似てる。いけそう。

ブラックワークのデザインを刺し子みたいに刺してみよう。

もしくは刺し子用の糸でブラックワークを楽しむのもいいなぁ。

こんな夢ばかりふくらんできます。

2012年3月18日 (日)

篭目(かごめ)のフリークロス完成 * 刺し子

長年フェリシモの手作りを楽しんでいるのですが、今月から刺し子も始めてみました。

単なる「刺し子のお布巾」なんですけど、「伝統柄に思いを込める刺し子フリークロスの会」という長ったらしい名がついています。

この会はすでに5回目になっており、今回のは篭目(かごめ)。

そうそう、ボビンレースでもカゴメがありますね。

ハーフステッチって言ってる織り方です。

1~4回目は購入し損ないましたが、5回目のカゴメから始めるというのも、なんだか私はボビンレースと縁があるのかも。(勝手なこじつけ)

私、まじに刺し子は初めてだったのです。

刺し子用の針をわざわざ買いに行ったくらいですから。

うまく刺せるか心配だったのですが、縫い目の長さもすでにプリントしてくれているので、ただひたすらチクチク。

それが、はまりました。

難しいことを考えなくていい。(笑)

上手にさせていなくても関係なし。

ただひたすらチクチク。

途中、余りにもデザインがシンプルなので、ここにあんなこんな刺しゅう模様を入れたら可愛くなるだろうなぁなんて思った時もありました。

しかし素朴なラインが伝統の美しさなのでしょう。たぶんきっと。

このフリークロス、しっかり使っていこうと思っています。

Img_6274

Couturier 

東北生まれの様式美 伝統柄に思いを込める刺し子フリークロスの会 5 篭目

2012年3月13日 (火)

チャック袋をボビン休めとして使ってみた

クリュニーレース、少しずつ進めています。

この制作にはそれほど多くのボビンは使っていないのですが、当分使わなくてもよいボビンが邪魔になります。

今までは毛糸で作ったボビン止めやハンカチなどでバラバラにならないように積み重ねていたのですが、昨日から方法を変えてみました。

Img_6267

市販されているボビン休め・ボビンホルダーが欲しかったのですが、私のような初心者がうれしそうに道具ばかりそろえてもねぇ・・・と思い、自分で作ってみようと思い立ったのです。

DIYのお店で使えそうな材料、木やプラスチック板を見てみたのですがイマイチ・・・。

帰宅してふと、刺しゅう糸入れにしているチャック袋が目に入り、試しにボビンを入れてみました。

おりしも厚手タイプのチャック袋だったので、ボビンを入れてもしっかりしていたのです。

スポンとボビンを出したり入れたりすることが出来ます。

それになんと言っても、すごくリーズナブル。

100円ショップで買ってきた物ですから。

当分このチャック袋をボビンホルダーにしようと思います。

2012年3月 6日 (火)

真っ白なキルト「43 カリブラコア」完成 * キルト

Couturier「美しい花のレリーフをつなぐ真っ白なキルト 43.カリブラコア」が完成しました。

Img_6263 

大きさは20センチ四方です。

どうしてもキルティングの針目がそろいません。

チクチク縫うことは嫌いじゃないし、このようなキルトは大好きなんですが、思うように縫うことができないのが悲しい・・・。

ブティの本はどんどん増殖しており、そろそろ本格的に作っていきたいのですが、このくらいのキルティングでへこんでいる私。

へこんでいても仕方ないので、次また頑張ろ。               

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »