« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月30日 (火)

丁寧に作る

KANT ’16/4に載っている『 MEETLET  OUD VLAAMS KANTJE 』

4模様目に突入し、20センチ以上の長さになりました。

P5303918

先々週でのお稽古時の話です。

2模様目のピンを抜いたら、織った糸が少しブニョブニョしていました。

あまり糸を引きすぎない方がいいかと思って織っていたら、ゆるかったようです。

あぁ、これ、駄目ですね・・・と、ピンで誤魔化そうとしていたら、

そんなことしても直らないと先生の一言。

確かに、ダブルステッチばかりの織り地は、少々ピンでつついても直りませんでした。

先生からは「丁寧に作る」よう指導されました。

糸の引き加減だけでなく、四つ組みを小まめにしておくなど手間暇を惜しまず作るということかな?

ところで、だぶついていた織り地。

翌日には全体的に引っ張られて、そんなに酷い状態ではなくなってました。

ラッキー

46004

5月だというのに、今日は30度越え。

暑かったですね。

さすがに車のエアコンはつけましたが、家の中では扇風機。

こんな天候のせいか、細菌の本を読んで食事に気をつけているせいか、体重がググッと落ちました。

喜びたいところですが、どこからか風邪をもらったようで、体調不良。

今、一番辛いのは、すごい首こり。

首を傾けることに苦痛を感じるのは、何年ぶり?

ボビンレースをしていて肩こりはおこさない私ですが、何が原因なのか・・・。

昨年11月から両足の股関節を痛め、手術(人工関節)をすすめられても薬で痛みを少しまぎらしている私ですが、足より首の方が痛い!!!

鎮痛剤がほとんど効かない首こりって、いったい何なんだ!!って思ってます。

しかし、首こり体操のおかげか、少しずつ楽になってきています。

風邪も良くなってきています。

同じように良くなってきているので、首こりは風邪の症状の一つだったのかしら?

ん、、、まさかね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

2017年5月27日 (土)

「あなたの体は9割が細菌」を読んで

今年に入ってから、よく本を読んでいます。

読んで良かった本は数多くあるのですが、強いて選ぶならば恩田睦さんの「蜜蜂と遠雷」。

本を読んでいるのに、頭の中に音楽が流れ込んでくるんです。

繊細な音楽表現をあれだけの言葉・文章で表現出来る感性と筆力に圧倒されました。

これも良かったのですが、今日読み終えた「あなたの体は9割が細菌」アランナ・コリン/矢野真千子訳(河出書房)も非常に良かった。

自然科学ジャンルですが、専門的な堅苦しさがない本です。

この本を読んで、あ、そうだったのかと分かったことが。

もう25年も前のことですが、私、股関節手術を受けました。

術後数日で、血便が。

腸炎になっていたのです。

その時には、抗生物質が腸炎を起こしたのかと思っていました。

ま、たしかに抗生物質が原因ではあったのですが、ちょっと違った。

この本を読んでようやく、その時の私の体の中の状況が分かりました。

つまり

手術による傷の化膿を防ぐ為に抗生物質を使用 → 腸内細菌が死滅していく → お見舞いでいただいた物を食べる → 荒れ果てた腸内で悪い雑菌が大繁殖 → 腸炎発症

私は抗生物質に対してアレルギーがあるので腸炎になったのかと勘違いしていました。

検査でアレルギー反応が出なかったわけです。

さて、この本は興味深い内容、もりだくさんです。

ダイエットに関する内容も、おもしろかったです。

最後に感想として、自分の体に住み着いている良い細菌達をパートナーとして上手に育て、 お互いより良い生活を送ろうと思いました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村

2017年5月20日 (土)

「ジグザク模様の方眼編みプルオーバー」出来ました

2月から編んでいた「ジグザク模様の方眼編みプルオーバー」が完成しました。

P5203913

参考本:「今編みたいニット 春夏 2016」より作品番号07(P.7)

デザインされたのは、原田さよ子先生

本では「ハマナカ ウオッシュコットン」使用なのですが、私はパンドラハウスでお安くなっていた「ユニバーサル コットンスラブ COL.21」で編みました。

ですから材料費は1000円ほど。

この糸は思っていた以上スラブスラブしてまして、裾模様のピコットを編む時には面倒くさいほどの糸割れをしました。

気晴らしに編み始めたプルオーバーだったのですが、長時間の労力をかけるなら、もっと良い糸をつかえば良かった。

でも、実際に見て気に入った糸なので、ま、これでも良いかな。

編み始めた3ヶ月前、自分の体にぴったりに編んでみようと体のサイズを測り直し、ゲージも何度も取り直しました。

編み上がった今、試着してみると、少し腰回りがきつい・・・・( ̄○ ̄;)!

実は、3ヶ月前と比べると、体重が約2キロ増えたから。

たかが2キロ、されど2キロ・・・・、しっかりとお肉がついてました。

こんなことなら、裾にスリットを入れておけば良かった。

さて、この模様のデザイン、すっきりとしてきれいです。

一番ホォーッと感心したのは、縁編み。

縁編みの有無で、着心地や見栄えが全然違うということがよく分かりました。

さて、次は何を編むか・・・。

新しい良い糸を買って編んでいきたいところですが、家計が苦しい中ではままなりません。

何年も放置している編みさしを探してみるつもり。

そして、編み機も動かさないとね。

追記みたいになるのですが、あれだけはまっていた編み機をパタッと止めた理由。

娘が編み機の音がうるさいと言ったので。

うちの娘、自分専用の部屋は持っているのですが、リビングで勉強するのが好きで、リビング=娘の部屋みたいになっていました。

そして私もリビングでボビンレースをしたり編み機を使っていたのです。

前々から、ボビンのカチャカチャいう音や編み機のジャージャーいう音は勉強に集中出来ないと文句を言っていたので、高校3年の受験期だけは私が譲歩。

今、娘は県外に出て行ってくれたので、私は好きなようにテレビを見たりボビンレースをしたりしてます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

2017年5月16日 (火)

田舎の常識は都会の非常識

GWで関西の都会から帰省してきた娘。

連休最終日、テレビや高校時代の教科書・参考書も持って帰りたいと言うので、娘を車で下宿先まで送っていきました。

娘の下宿先は大都会ではありませんが、我が家あたりに比べれば都会。

そこでの出来事です。

食事をしようと、とあるお店の駐車場に車を止めようとしたのです。

その駐車場の壁には「前向き駐車でお願いします」との注意書き。

私やダンナの知識では、「前向き駐車」とは、通路から前向きにそのまま車を入れ、出る時にバックして出るものだと思っていました。

しかし、そこの駐車場に止めてあった車全部、通路側に向けられていたのです。

数台ならともかく、10台以上が私たちが思うバック駐車だったので、頭が混乱状態に。

ここでは「バック駐車」を「前向き駐車」と言うのだろうか?

香川県で思っている「前向き駐車」と、都会での「前向き駐車」は違うのか。

地域によって常識が異なるのか。

私たち夫婦、そして免許を持っていない娘も悩みました。

悩んだあげく、壁側でない所を探して駐車しました。

そのような事から10日たった今日。

ふと「前向き駐車」って、本当はどういうことなんだろうと気になり、ネットで調べてみたところ・・・・。

私たちが思っていた「前向き駐車」が正しいようです。

つまり、通路から前進して車を入れ、出る時にはバックで出るのが「前向き駐車」。

私たちの常識が一般的には正しかったということに安心はしましたが、地域によっては非常識になるんだと思いました。

ここでついでに書かせてもらいますが、4月初め、初めて車で行った時、大型店舗の駐車場から道に出る時「原則として右折禁止」といった感じの注意書きが貼られていましたが、それを守っている車はほどんどありませんでした。

注意書きやマナーを守っている方も多いのでしょうが、たまたまながらアレッと思う事が続いてしまいました。

ま、こういう所だと早々に分かったので、よほどの事が無い限り車で行くのは止めようと思います。

2017年5月12日 (金)

古フランダースレース2模様過ぎたところ & 腹天の季節に

KANT ’16/4に載っている『 MEETLET  OUD VLAAMS KANTJE 』

エジプトコットン100/2で織り直していて、今、2模様過ぎたところです。

面倒くさいところもあるけれど、それも含めて楽しい作業が続いています。

P5123911

この作品はレース学校の通販サイトに出ていた半製品の定規に入れると良いのですが、購入する余裕がありません。

娘の学費と下宿などの生活費・・・・、溜め息が出るのですが、「この6年間が我が家の正念場」と思い耐えていこうと思っています。

さて、ここ数日、暑くなってきましたね。

すると・・・

P5123909

フローリングで腹天。

我が家の猫型室温計です。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

2017年5月 8日 (月)

猫って思っていたより

猫の記憶力って、数日くらいかと思っていました。

ところが、1ヶ月ぶりに帰ってきた娘に2歳の雄猫レンちゃんは・・・・

先ず、娘の足の臭いをクンクン。

床にひっくり返ってゴロゴロしたかと思うとすぐさま、「お遊びしろ!」サインであるニャンコホイホイに。

この箱に入ると、娘がオモチャなどを使って遊んでやってたのです。

P5073904

娘が家にいた時と同じ行動をしたレンちゃんに、私も娘もびっくり。

レンちゃん、娘の事、覚えてたんだ。

夜、お布団に入っている時も、以前と同じように甘えてきたそうです。

猫って自由気ままで、お世話してくれる人だったら誰でも良くって、飼い主のことをすぐに忘れるものだと思っていました。

でも、自分を大事にしてくれた人の事を少なくとも1ヶ月くらいでは忘れないみたい。

さて、次に娘が帰省するのは7月末。

約2ヶ月半後、レンちゃんは娘の事を忘れずにいるかしらね?

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

2017年5月 1日 (月)

バイユーレース練習作品

約4ヶ月前に織り上げていたバイユーレース。

P1313816

初めてのバイユーでした。

織り初めは細かすぎて(老眼には辛い)、イライラしました。

でも織り慣れればバイユーレース独特のテクニックは楽しいし、作品も可愛い。

記録してなかったので曖昧ですが、エジプトコットン80/2で織っています。

P1313818

全体の写真、ピンぼけしてました。

   残念・・・

46004

今日、余計なことをしてしまい、落ちこんでしまいました。

ボビンレースが大好きでいろいろ言いたいことがあり、良かれと思って言ってしまうのは結果的に嫌われるだけだと数年前に経験していたのに、またやちゃいました。

思えば数年前、ボビンレースのカルチャーセンターで、長年ボビンレースをされている方からカツンとやられてしまいました。

それからは、建前のお上手しか言いません。

心の中では、ここをこのようにしたらもっと綺麗になるのに・・・、こういうやり方をしたらもっと作業しやすいのに・・・と思っても言いません。

そして、心の中で毒を吐いている根性悪の私です。

こんな根性悪なので、ブログ村でのレースカテゴリを離れることにしました。

レースのカテゴリを離れても、ボビンレースは大好きなので、ブログの内容は今までどおりでしょう。

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »