« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月24日 (水)

秋深まり・・・・・寒い冬に向かって頑張れるかな?

あれだけ暑かった日々は記憶の彼方となり、今、ホットカーペットが気持ちよい季節になってしまいました。

うちのレンちゃん(4歳雄猫)も、暖かいところへ。

Img_1654_2

そう。

電源が入っているアンプの上は、暖かいのです。

本当はこの上で寝て欲しくないのです。

     猫の毛や異物がアンプの中に入り、故障の原因になると困るから。

Img_1657

   「 なんか、文句ある?」

     「いえいえ、泣く児と猫にはかないません」

話は変わり、

ここ数週間のことについて。

うちのお寺の行事日。

足の調子がずっと悪いままだったので、実姉にお手伝いをしてもらいました。

おかげで少しは楽が出来たのですが、それでも足の調子は最悪に。

辛いなぁ~と思っていた翌朝、ポキッと折れ曲がっていたお花がスックと復活しているのを発見。

Img_1630

この花のように私の足も復活するんだ!と、良い前兆を感じたのですが・・・。

でも

現実はそんなに甘くなかった。

一段と足の痛みが酷くなり、市販薬の鎮痛剤がまったく効かなくなりました。

階段での上り下りでは激痛。

そのうち痛みがおさまると期待していたのですが、とうとう我慢できなくなり病院へ。

1年半ぶりに診てもらったら、自分でも分かるほど骨がぼろぼろになってました。

関節の軟骨なんてとっくになくなり、骨まですり減っていました。

どうりで、ゴリゴリ・ボキボキと関節が鳴るわけだわ。

人工関節手術をすすめられましたが、今回もパス。

薬で痛みを抑えながら、まだもう少し様子を見ます。

生活の質は悪くなっているけれど、まだ歩けるから。

もし手術するなら、来年の夏。

大学3年生になってるだろう娘が夏休みで帰省している間に。

     うちのダンナは当てにならない ┐( ̄ヘ ̄)┌  期待しない

さて、病院で処方してもらった薬を飲んで1週間。

少しは楽になりました。

3週間後、紹介してもらった個人病院へ行き、再び薬を処方してもらうつもりです。

私が住んでいる地域では一番大きな総合病院(紹介状が必要な所)へ行ってたのですが、受付から支払いまで約3時間。

薬だけ処方してもらうのなら、すぐに診てもらえる個人病院がいいかなと思って。

素人考えなんですが、あれだけ足が痛かったのは、炎症をおこしてたせいかなと。

実父のことやうちのお寺の行事のことが続き、免疫が落ちて、潜んでいた体内の悪い菌が暴れたのではと思うのです。

足だけでなく、口内炎もできてたし。

私って、こんな感じで思わぬ所によく炎症を起こすのです。

病院で処方してもらった薬は、炎症をおさえる効能。

おかげで、すごく痛かった口内炎が治りました。

この調子で、足の関節の痛みも引いて欲しい。

でも、物理的にあれだけ骨がゴリゴリになってるので、あまい期待だと思ってますけどね。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

どうでも良いことですが・・・・

約9年前、お寺に住まなくてはならなくなった時、好きだった宗教曲(キリスト教)のCDは置いてきました。

庫裏とはいえお寺からミサ曲が漏れ聞こえたらいけないだろうと思ったから。

でも、数ヶ月前から、完全に開き直りました。

バッハのカンタータ全集(CD60枚組)を前の家から持ってきました。

まだ私がフルタイムで働いていた時に、購入していたものです。

久しぶりに聴いた「天は笑い、地は歓呼す」。

これを初めて聴いて感激をした40年以上前の私、高校生だった頃の私(もしかしたら中学生)に戻れた・・・かな?  

  気持ちだけは戻りたい。

私の若い頃は、海外の品物、CDなんかを購入するのは夢のような時代でした。

今は、ネットで注文し、海外物を楽々ゲット。

で、もっと進化したなぁと思えるのはWebcast 。

chapel service の音楽を、インターネットのWebcast で楽しんでいます。

足の調子はまだ悪いままだけど、好きなことを楽しみながら、秋が深まりこれから訪れる寒い時期を乗り越えていきたいと思っています。

2018年10月 2日 (火)

手伝ってくれます?  いえ、僕は・・・(猫)

そろそろお寺の行事があるので、仏花をいれることに。

昔は本堂とか庫裏の台所で入れていましたが、ここ数年は自宅の台所で入れてます。

私はお花を入れるのが不得意なので、全部のお花を入れるのに3時間以上はかかります。

    これでも少しずつ早くなってるんですけど・・・。

まぁ、もともと華道やフラワーアレンジメントなんかの趣味ではなかったので、お花を入れるのは苦行です。

今回も苦行を始めるべく、準備をしていると・・・

さっそく、やって来ました。

Img_1617

「手伝ってくれるの?」

「いえいえ。」

Img_1618

「僕は、宗教的真理について思いをはせているのです。」

Img_1621

この真剣な目つき。

すごいねぇ。

さすがにお寺の猫だね。

でも、お母さんは知っている・・・

     お外で鳥が飛んでたんだ。

と、今日はホントにしょうもないブログ更新でした。

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »