« 猫が歌うクリスマス曲をかけてみた | トップページ | ヘビロテのCDゲット »

2018年12月 4日 (火)

手術する気が失せてきた & 新聞を読んで観てみたい映画

今日、2週間ぶりに整形外科へ。

股関節の痛みに対処する薬をもらいに。

人工関節をすすめられている股関節の痛みは、最近改善している。

痛いのは痛いが、我慢できる程度の痛み。

この病院へ行くのは3回目。

毎回、お医者様は私のことなどすっかり忘れている状態で診察が始まる。

初回と前回は、人工関節にと強くすすめられたが、今日は雰囲気がちがった。

レントゲンを見る限りでは両足とも酷い状態だが、人によって痛みの感じ方が異なる。

私の歩き方を診て、左右の足の長さが違うので(3~4センチほど?)ビッコを引いているが、杖もつかず、普通?に歩けている。

まぁ、手術は様子見で、と。

これを聞き、私も少し気が楽になった。

来年の夏、手術しようかと思っていたが、ちょっと気が変わってきてたから。

それは、この↓新聞記事を読んでから。

Img_1740

人工関節にもいろいろあるらしいので、この記事がすべてではないと分かっている。

病院の先生は、昔と違って良くなっているんですよ、怖がることはないんですよと優しく言ってくれるが・・・・。

しかし、私がいろんな人の話(口コミ)で聞くのはマイナスな事が多い。

    ネットでは、良い内容が多いような気がするのは、私の偏見?

若い頃に2度も股関節の手術を受けてきているので、やっぱりもう手術はしたくないというのが本音。

手術をして良くなると言う夢は抱けない。

若い頃は、手術をすれば良くなると思っていたが、そうではないことが分かったから。

今はゆるい薬でなんとか日常の生活ができている。

将来、きつい薬を飲んでも自力で歩けなくなるまで、人工関節はやめておこう。

ゆるゆる、痛みを友達にして生きていこう。

この頃、作曲家ディーリアスの本を読んでいるが、彼の苦痛に比べると私の痛みなんて、たいしたことはない。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

最近の新聞記事で、気になっている映画。

「彼が愛したケーキ職人」

Img_1742_2

すぐにでも観てみたいと思ったが、こちら田舎ではまだまだのよう。

大阪にいる娘に、梅田で上映しているから観に行ったら?と電話したが、彼女は「ファンタスティック・ビースト」の方を観たいらしい。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

最後に、

あまり可愛く撮れてないが、うちのシニア・ニャンコ(16歳雌猫)の寝姿。

Img_1743

元気いっぱいのレンちゃん(4歳雄猫)と、毎日格闘している。

レンちゃんの顔に、何度も猫パンチを飛ばしている。

しかし、最後には、レンちゃんに組み敷かれるのだが・・・・。

倍くらいの大きさになった雄猫には、やっぱり勝てない。

勝てないが、よく張り合っていると思う。

年取っても、これくらいの気迫で生きていきたいものだ。

« 猫が歌うクリスマス曲をかけてみた | トップページ | ヘビロテのCDゲット »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 猫が歌うクリスマス曲をかけてみた | トップページ | ヘビロテのCDゲット »