« ヘビロテのCDゲット | トップページ | 歯が割れた »

2018年12月13日 (木)

クリスマス・キャロルの季節

12月が嫌いだという人は、きっと真面目な人なんだろう。

年内に何々をしなければならない、もしくは歳末セールなどで仕事が無茶苦茶忙しい・・・とか、嫌いな理由は私の想像を超えて無限にあるだろう。

強いて言えば、私もいつもよりかは忙しい。

しかし、私が好きなクリスマス曲がいたる所で聞ける時期。

心慰められている。

今更ながら、クリスマス曲について気がついたり思ったりした事。

スーパーマーケットが違えば、BGMとして流しているクリスマス曲の雰囲気も異なっている。

穏やかでクラシカルなクリスマス曲をかけている店もあれば、派手でアメリカ的なのをかけている店もある。

買い物をしながら、いろんな雰囲気のクリスマス曲を聴くのは楽しい。

私が好きなクリスマス曲は、英国のキャロル。

一仕事終えてボォーッとネットサーフィンしていたら、BBC(英国放送協会)に引っかかった。

インターネットでBBCのラジオ放送が、聴けるんだぁ~ヽ(´▽`)/。

    知らなかったぁ~。

そして、イギリスのいろんな教会のクリスマス・ミサ(A Service for Advent with Carols) が聴けるんですよ。 ←喜びで、語調変化

    ただ今、ハッピィ~o(*^▽^*)oでルンルン状態の私。

今は、今年のセント・ジョーンズ・カレッジのを聴いている。

Img_1755

「 僕も、ハッピィーだよ。」

そういえば数日前、レンちゃん、シニアニャンコに負けた。

いつも通りちょっかいを出したら、「窮鼠猫を噛む」状態になった。

これで少しは優しい御猫様になったかな?

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

先週、実家へ行く。

私が高校生の時にエアチェックしていたカセットテープを見つけ出した。

特に見つけたいと思っていた’78年来日・キングスカレッジ合唱団のFM放送のエアチェック・テープも見つかった。

ここ何十年もカセットテープを聴く必要がなかったので、再生する機械を持っていなかった。

実家からの帰り、3000円くらいのモノラル・ラジカセ(猫の右)を買って再生。

Img_1751

不安と期待で、ちょうど40年前のエアチェック・テープを再生。

当時、私はまだ高校生だったので、良い状態の録音は出来ていなかった。

高音がどうしてもつぶれている。

また、録音初め数分はテープが傷みやすく、フニャフニャの音になっていた。

ずっと残しておきたいようなテープではなかったが、一応置いておこう。

実家で見つけてきた物でめぼしい録音は、’79年パリ木が朝のNHKニュース番組で生出演していたもの。

大きくなったら何になりたいかとインタビューされ、俳優、指揮者、車の技師と言っていた子もいた。

あの可愛らしい少年達も、もう50歳を過ぎている。

今のフランスといえば、ルノーの事とかデモの事とかが頭をよぎった。

元気にしてるかな。

さて、ともかく、このパリ木のはデジタル化して残しておこうと思う。

その他、’79年来日ドレスデン・クロイツ・コーアの公演のテープ2本(ロ短調ミサとアカペラコンサート)も見つかった。

聴いてみたいが、これはオープンリールテープ。

若い頃はオープンリールデッキをよく使っていたが、今はもう無い。

現在でもヤフオクで手に入りそうだが、高価。

だから、もうこれから先、聴くことがないような気がする。

実家には、来日公演のエアチェック・テープがまだたくさんあると思うが、見つけることができていない。

亡くなった父に聞きたい。

いったい、どこに片付けたの?

   いや、無理に出てこなくて良いよ・・・・。  

       あの世でゆっくりと過ごしていてください。

« ヘビロテのCDゲット | トップページ | 歯が割れた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヘビロテのCDゲット | トップページ | 歯が割れた »